2012年04月28日

黒子のバスケ 第17巻 藤巻忠俊

 VS陽泉の試合は、紫原や氷室との因縁が混じり、接戦となっていました。

陽泉の圧倒的な身長差に、必死に喰らい付く様子がこの巻に載っています。

先輩たちの活躍も描かれており、活躍するキャラや戦況が目まぐるしく変化する展開に息を飲んでしまいますね。

これだけ攻防が激しいと、これから逆転に次ぐ逆転が起こるんじゃないかと目が離せなくなる17巻でした。


 あと、背表紙には今吉さんが飾られています。

ここから、ネタバレがあります。ご注意ください。












「作者コメント」

 あれっ?この前の実写写真で、悲惨なイラストシリーズが完結されたんだと思っていました。まだ続いていたんですね〜。

鐘付き棒で吹き飛ばされた後、空に吹き飛ばされた藤巻先生が棒人間で描かれていました。

この後は宇宙に飛び出すのか、それとも地面に激突するのか。今後の展開が楽しみです!!


そしてコメントの方ですが、アニメ化は前から知っていたそうで、首を長ーくしていたそうです。

だって自分の作品がアニメになるんだから、待ち遠しくて当たり前ですよね!

きっと仕事場ではリアルタイムで観ているんだろうなぁ〜。



「NGシーン」
 今回も箇条書きさせてもらいます。

ペン黒子の腰を破壊する桃井

ペン語尾にアルを付けるのは、福井が吹き込んだから

ペンツッコミ不在でボケが飽和するから悪いんだ!!

ペンタメ口には厳しい監督

ペン短くても簡単でも人は噛める

ペン無駄に力強いのか、黒子が非力なのか、それが問題だ。

ペン分身の術は色々汎用性が高い!

ペン腰痛いしいたけがキモカワいい…。

ペンコートに吹き抜ける一陣のツッコミ


 木吉さんにツッコミスキルが無いので、ボケがスルーされてしまうのが逆に面白いですね!

それと、「腰痛いしいたけ」の絵にちょっと和んでしまいました。あれはグッズ化も狙えるような気がします。

それと、劉が語尾にアルを付けるのは、福井が日本で流行っていると騙していたからだったんですね!

てっきり、藤巻先生が苦悩して出したキャラ付けだと考えていたので、それは本編にもちょっとだけで良いので描いた方が良いと思います。

本誌派の皆さんにも教えて欲しいですよ。

 
「質問コーナー」
 ドラクエ大好きでも黒子のバスケ大大好きさんの質問で、テツヤ2号が約1歳だと判明。

ということは、まだ子犬に近い感じなんですね。かわいいなぁ〜。


そして、楠さんの質問で、桜井の得意料理がオムライスだと答えましたが、これは質問に乗っかって場当たり的に答えたんじゃないのかな?

次に、黒子君の笑顔は最強よ!!さんからキセキの世代の誕生日が判明しましたが、需要があるみたいだし、そろそろファンブックを前向きに検討してもらいたいですね。

それに読切とかを収録してもらいたいです。

ハァービバノンさんからは、黄瀬のモデル活動についての質問がありました。

たしかに黄瀬の性格だったら、モデル活動よりもバスケの方を優先するのはなんとなくわかりますね。

で、マネージャーに叱られる光景まで想像出来るなぁ〜。




「イラストコーナー」
 黒子のバスケって、他のコミックスと比べてイラストコーナーに収録される作品が多いんですよね。

それだけ、藤巻先生が嬉しいのかもなぁって、ふと思いました。(藤巻先生が選考に参加しているのかはわかりませんが)


個人的には、VS目覚まし時計さんのペンネームと作品を連動させてツッコミを入れるのが面白かったです!

きっと喜んでいるんじゃないかな?

あと、麒麟くんさんの超黒子2もかなりツボでしたね。

もうそれパスじゃなくて単なる兵器と化してしまってますもん。
posted by サンタイマー at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ツイッターBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの人はマネージャーではなく監督ですよ
Posted by さつき at 2012年08月03日 12:13
さつきさんへ

遅くなってしまい大変申し訳ないです。

ご指摘ありがとうございます!!
Posted by サンタイマー at 2012年08月20日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック