2012年04月21日

WJ20号 感想

WJ20号のジャンプは、表紙と巻頭が「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、センターカラーは「ハイキュー!!」、「ニセコイ」、野々上先生の読切「無刀ブラック」でした。





今回のBESTGUY!!

(編集さんの巻末コメントコーナー「OK!!JUMP GUY!!」より、グッと来たコメントを勝手に選んで、独断で「BEST GUY」を選ぶコーナーです)


「結婚と引越し、心機一転して新しい年度を迎えました。今年度の目標は「整理整頓」。昨年と同じですが<渡辺>」

「祝姪っ子誕生&渡辺結婚!いつもおめでたいことは重なる気がするが名前あるんですかね、この現象<小池>」

「渡辺が結婚!?編集部独身最年長の座を死守する俺は30歳にしてヴィオラを始めました。誰か教えて!<雄二郎>」

「長年の遠距離を実らせ、奇才・渡辺が結婚!ひろみさんとにかく広い心で彼をよろしくお願いします!!<大西>」


今回は大西班全員をBESTGUYにします!!渡辺さん結婚おめでとうございます!!

小池編集が言うように、あえて現象に名前を付けるなら、うな重現象とか?うん、全然思いつかない!!

雄二郎編集はヴィオラを教えてくれる女性と結ばれれば良いと思います!

そして大西編集も出ていたほこ×たて対決観ていましたが、勝利を収めていましたね〜。

ここから、ネタバレがあります。ご注意ください。

























「巻頭・こち亀」
 雪丸に決定したそうで、今後の雪丸の活躍が楽しみですね。

檸檬って超大人びた性格なのに、一生懸命犬の名前を考える姿が可愛くって可愛くって!

その辺りが良いですね〜。


「ワンピース」
 たしぎさんが葉巻を吸っている違和感が半端ないです!

しかし、それぞれの心が入れ替わったら、技を普通に使うことが出来るんでしょうか?

苦戦を強いられるか、アレンジになるかのどっちかですかね?


「ナルト」
 カブトさんもカブトさんで辛い経験をしてきたみたいで、どっちが勝っても後味が悪い物になりそうだなぁ…。

一番ベストな解決方法を考えてみたけれど、こればっかりはしょうがないような気がしますね。


「べるぜバブ」
 出てきた以上、ケンカにならないと東条さんの立場無いけど、良いネタでしたね〜。

東条さんと哀場さんの実力は互角って感じかな?

あと、姫川のバスローブ姿に何かイラッとしました。


「スケットダンス」
  トラウマを断ち切って友だちの為に戦うヒメコの心打たれたのですが、かなり痛々しい姿になってしまいましたね。

この状態でボッスンたちがヒメコを探すには、どうしたら良いんでしょうか?

ファミレスにいた人に話を聞くのが一番かな。


「Cカラー・ハイキュー!!」
 2人の溝も埋まったし、チームメイトにも認められたようだし、全てが万々歳じゃないでしょうか!

次回からいよいよ他校との試合が始まるみたいで、影山を揶揄する敵チームをどう支えられるかがカギになるのかな?


「トリコ」
 これは小松さんもレベルアップのチャンスがありそうですね。

トリコだけでなく、小松さんのスキルも上がってこそ、2人は良いタッグになれると思うので、なんとか成果を上げて欲しいです。


カラオケ「あぁ約束だぜ
先生ェェェェエエエ!!」
(クリックすると、銀魂の感想へ)



「読切・無刀ブラック」
 ただ単にヒーローだけでなく、時には脅したり騙したりする方が魅力的に映りますよ!

ラストの幕引きも、普通の読切とは違った味わいがあった気がします。

これは野々上先生の武器になると思います。


「Cカラー・ニセコイ」
 クロードのやり方が陰湿すぎる!

一番の最善は正直に一条がいることを話すことですが、そうならないだろうなぁ〜。

あとは、カラーと言い、ポーカーフェイスが出来ない点と言い小野寺さんが可愛い過ぎる!

小動物みたいだ。


「バクマン。」
 サイコーの事だから、夢が実現して漫画に打ち込めなくなるんじゃないかと考えていました。

でも、これからはこの場所に導いてくれたおじさんのために頑張るようで、応援したくなりましたよ。

もし漫画の神がいるのなら、サイコーが漫画家になったのはこれからの作品の為だったりして。


「黒子のバスケ」
 これは、海常の存在が起爆剤になってゾーンに入るパターンでしょうか?

だけど、黄瀬のあの発言は敗北フラグにしか思えない!!

最初に登場したキセキの世代なので、咬ませ犬役にはピッタリかもしれないけど…。


「いぬまるだしっ」
 浅野さんと再会してビンタを放つのが楽しみですね〜。

しかし、エキストラの皆さんが浅野さんの事務所の人ってことは、ギャラが発生してるのか気になります。

もしかしたら、無償なのかな?


「パジャマな彼女」
 しばらくほのぼのとした海の話が見れると思ったら、崖に突き落とされた気分!

この作品にあんなタイプのキャラが登場すると思いませんでしたよ。

良い意味で裏切られました。


「ブリーチ」
 久保先生はPerfumeの事好きなんだろうな〜。じゃないとこうやってキャラのモデルにしようと思わないですもん。

しかし、ネルのあのセリフ自体が敗北フラグだったので、ページをめくっても全然驚かなかったのが残念…。


「リボーン」
 一瞬デイジーかと思ったけれど、おしゃぶりがあるのでその影響っぽいですね。

だったら、やっぱり復讐者の報復の対象ってやっぱりチェッカーフラッグさんの可能性が高そうだな〜。


「クロガネ」
 黒鉄と同様、自分の剣道を貫き通してここまでこれたというのなら、両方とも頑張って欲しいと考えちゃうのは単純でしょうか?

でも、2人の剣道に対する情熱は本物であるのは間違いないかな?

見ていて眩しいと思ってしまいますよ。


「マジコ」
 3日徹夜でみっちりレッスンがあったら、トラウマになるのはしょうがないレベルですね。

でもこの魔法って時間の概念が無い空間を用意されたら使用出来なくなるんでしょうか?


ペン「黄泉送葬水包銃・改
神獣奉弓(かみアロー)」
(クリックすると、ぬら孫の感想へ)



「めだかボックス」
 こんな濃い面子にどん引きしているめだかを見て、ちょっとずつでも普通の人間の感性が芽生えているんじゃないかと安心しました。

たとえ、それが弱体化に繋がったとしても、今のめだかには人間らしい自分らしさを確立することが大事な気がしますよ。

とりあえず、結婚相手候補は全員しょっぴかれるべき!


「パッキー」
 もうよくわからないけどすごい状態ですね。井坂編集のアオリも良かったです!

どこからツッコんでいいものかわからなくなるシュールさが好きです!!


「スターズ」
 「また…一緒にやろうね
どんなに広くっても僕達は――
同じ宇宙にいるんだから!」
(by白舟)

って、良いセリフですね…。

宇宙に対する敬意と思いやりの気持ちが詰まっていないと出ない言葉だと思いますもん。

きっといつかまた会える日が来るんじゃないかな。

竹内先生、ミヨカワ先生お疲れ様でした!


「その他」
 ジャン魂G!の担当が、ゼリービーンズ本田編集から天然パーマの松尾編集変わりましたが、担当によってコーナーの内容に影響したりするのでしょうか?

ハガキを選ぶ仕事はありそうだから、採用されるネタの傾向が変わりそうな気がしますね。
posted by サンタイマー at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック